頭の良い子に育てるためのおすすめの知育本や絵本の感想

「神・時間術」家事に育児に仕事に忙しいママにオススメ本

最近、こんな本を見つけて読んだので、本の内容を少しずつ実践中です。

f:id:sztkoh-08:20170606083627j:plain

樺沢紫苑さんの「神時間術」は忙しいママにもおすすめ

この本ですが、毎日が忙しいママのみなさんにもおすすめです。私がこどもを産んでから思ったのは、

時間がない!!!

の一言でした(笑)まあ、他にも色々ありますけど、結局何をするにも「時間が~」って来ること多くないですか?つまり、時間を作る事ができれば、やりたい事ができるんです!!!

時間術の本は色々読んだ事がありますが、この本は毛色が違っていたので、気になって購入してみました。だって、「神」ってついてるんですよ!!(笑)これはよくある時間術とは雰囲気が違うと思いました。

f:id:sztkoh-08:20170606083631j:plain

裏表紙の目次を見ても、そんな変わった事は書かれていない様子ですが、中を読み進めていくと違いがわかります。

まず、この本の目的は普通の時間術とは違って、同じ時間で2倍、3倍、4倍の仕事をこなして、余った時間を自分の楽しみに使おうというものです。ママで言うと家事とかもそうですよね。

大抵の時間術の本はできた時間は自己投資や勉強に使おうとあるものが多い中、自分の楽しみに使うというのがまた新鮮でした。

f:id:sztkoh-08:20170606083746j:plain

↑にもあるように「遊ぶ」のも大事な時間の使い方です。頑張って効率的に作業して時間を作ってもその時間を「仕事」や「勉強」ばかりにあててたら、楽しくない人生になってしまいます。

そして、本の中では仕事の作業効率を2倍にも3倍にもする方法が色々紹介されているのですが、中でもこれは良いなと思ったのが、朝の時間を有効に使うというもの。

f:id:sztkoh-08:20170606083755j:plain

正確に言うと朝起きてから2~3時間が一番脳が活性化する時間だそうです。その時間にいつも面倒だからと後回しにしていた仕事をすると、毎回夕方や夜に数時間かかっていたものが1時間で終わってしまう。という事が可能になるそうです。

つまり面倒な仕事や作業は朝、午前中にするのがポイントなのです。

神・時間術をママに応用すると 

でも、ワーキングマザーや子育て真っ最中のママの午前中ってこどもの世話や準備でほとんど消費されると思いませんか?特に小さい子って早起きですし、朝に作業なんてできない!!ってつい思ってしまいます(下の子のまーちゃんは朝が明るくなるのが早くなったので5時おき、5時半起きが普通になってきました(涙))

f:id:sztkoh-08:20170606090307j:plain

そこで、私が考えたのが、

もっと早く起きたら良いのでは?

という単純な発想(笑)

朝起きてから2~3時間が脳の活性化時間なら、そこを自由に使えるようにもっと早起きしたら良いんじゃないかと思ったわけです。なので、最近は4時や3時おきにチャレンジしています。もちろん、何回も起きれなかった日もありますが(笑)起きれた日はブログを書いたり、本を読んだり、面倒な家事をしたりしています。

すると、早いこと早いこと!!

夜にするよりもスルスル作業が進みます。そして、朝の出勤準備やこども達の保育園の準備もささっとできるので、朝にちょっとですが余裕が生まれて、コーヒーブレイクものんびり取れる事も多いです。(もちろん、こども達のご機嫌次第なところも多いので毎回うまくいくわけではありませんが・・・^^;)

もちろん、睡眠時間はしっかりとります。この本にも書いてありますが、この本の著者は7~8時間くらいの睡眠をとる事を推奨しています。もちろん、小さい子がいて、夜中にしょっちゅう起こされるようなママには難しいとは思いますが、睡眠を削っても作業効率が落ちるだけという事は意識しておきましょう。

なので、7時間が難しいなら6時間でもいいのでしっかり寝て、朝早く起きてみませんか?そして、この本では仮眠もおすすめしているので、こどもが昼寝としている間に一緒に仮眠をとるのもおすすめです。これで午後もバリバリ楽しく過ごしましょう!!

神時間は普通の時間術とはちょっと違うのでぜひ一度実践してみては?

他にもこの本では色々な方法や過ごし方が紹介されていますが、終始一貫しているのが、

毎日を充実して過ごすための効率的な時間の使い方

を紹介しています。時間がつくれてたなら、その空いた時間を趣味にしっかり使って楽しく充実した日々を過ごしましょう!という事です。子育て真っ最中のママやワーキングマザーだとなかなか自分の時間を確保する事が難しいかもしれませんが、この本の中の一つでもできそうなものがあれば実践して、自分のリラックス時間を作ってみてください♪