こども向けアニメ特撮映画でお勉強

#ルパパト の映画の感想!ネタバレあり仮面ライダービルドも熱かった!

ルパパトビルド映画ネタバレ

2018年8/4から公開された「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film」と「劇場版仮面ライダービルド Be The One」を家族でみてきたので感想とこども達の反応をご紹介します。一部ネタバレもありますのでその点はご理解の上読んでくださいね。

めっちゃ楽しかった~

今回の劇場版でも舞台挨拶で盛り上がってましたね。

舞台挨拶も見に行きたかったのですが、今回は2歳の子連れだったので普通に映画を見てきました。では感想とネタバレです。

ルパパト映画の感想|アクションシーン多めでストーリーも難しくない

最近の特撮は大人も楽しめるようにという作りが多かったりしますが、今回の映画は特に複雑な伏線などもなくシンプルにアクションとストーリーを楽しめました。

むしろ、戦闘シーンが多めなので、こども達は楽しそうに見てましたね。個人的には名探偵のエルロック・ショルメがもうちょっと出張っても良かった気がします。

レッドと1号が協力するシーンとかも普段は敵同士でも協力できる、協力することの大切さが演出できててよかったです。

あと、個人的な感想ですが、ノエルさんの出番が少なったのがちょっぴり残念です。

とはいえ、アクションシーンや戦闘シーンがたくさんあって、こども的には楽しい時間だったようです(笑)細かいネタバレは言うと面白くなくなるので割愛しますね。

仮面ライダービルドの劇場版の感想は?ちょっとごちゃごちゃしてるかな

仮面ライダービルドの方の感想ですが、ちょっとごちゃごちゃしてきたなあというのが正直な感想です。やっぱり登場人物が多いと、それぞれに個性を与えて、うまくまとめようとすると難しいのでは?というのが素人の感想ですね。

いろんな人物がでてきて、それぞれの背景があって行動しているのですが、大人でもわかりにくいので、もちろんこども達も「???」となってました。

しかもルパパトと違って戦闘シーンも少なめだったから余計にですね。

戦兎とお父さんのシーンとか個人的には好きなのですが、やっぱりこどもに理解を求めるのは難しそうでした。

ちょっとネタバレですが、個人的におすすめのビルドのギャグシーンは

「土下座」

「are you ready?」
「だめです!」

でした。同士がいたら嬉しいです。

そして、次回作のジオウも登場。9月からまた楽しみですね。

とはいえ映画は面白い|こどもに色々興味を持ってもらおう

この映画の感想は大人目線での意見ですが、それでもこどもなりに楽しんでたので、こどもにももっと色々な映画を見せてあげたいと思ってます。
家でアニメをみるよりも映画館で見るのはまた違います。

何よりも「集中力が鍛えられる」のでおすすめです。家とは違って映画にいくと、作品以外に見るものは無いので120分とか100分も集中して見ないといけなくなります。

集中力の無い子でもロボット教室に通える?すぐに飽きてしまわないか心配!! ヤフーの知恵袋を見ていたら、ヒューマンアカデミーのロボット教室に通うかどうか検討中のママの相談を見つけました。その相談内容とは、...

でも小さい子ってなかなか集中力が持続しないですよね。でも映画館だとそれができたりするわけです。

さらに、映画に出てきたものでこどもと会話ができるとより素敵ですよね。今回なら名探偵エルロック・ショルメにモチーフになったであろう、シャーロック・ホームズでも良さそうです。

せっかくの夏休みなので、こういった本やお話をお子さんにすすめてみても良いかもしれないですね。