ロボット教室の口コミランキング|効果・費用・比較まとめ

ヒューマンアカデミーのロボプロ全国大会が開催!

ロボプロ全国大会

千葉工業大学東京スカイツリータウン®キャンパス内に2017/12/2(土)にヒューマンアカデミー主催の第1回ロボプロ全国大会が開催されました。

ヒューマンアカデミーのロボット教室では毎年夏頃の全国大会が行われていて去年の2017年は第7回目でしたね。

大阪の狭山池前教室が3年連続MVP!ヒューマンのロボット大会!第7回のヒューマンアカデミーロボット教室全国大会が8/26に東京大学の安田講堂で開催されました。去年のロボット大会の動画をみたことがある...

今回のロボプロは記念すべき第1回!ロボティクスプロフェッサーコースの人が対象の全国大会でした。つまり上のコースの子どもが対象ですね。なので参加者の年齢も12歳~15歳と上の学年のこども達で競いあったようです。

このロボティクスプロフェッサーコースはコースができてまだ4年。そんな中での開催ですが、なかなかすごい作品ででていて、審査員の古田先生もすごい驚いていたようです。

今回のロボプロ大会は

「ライントレース部門」

「フリー走行部門」

「創作ロボット部門」

の3部門。そして、それぞれの部門の優秀賞とMVP賞もありました。MVP賞を貰ったのはあの狭山池前教室の生徒さん。ここでもMVPを獲得とはすごいですね!!(@_@)

ヒューマンアカデミーのロボプロ全国大会に出場できるロボティクスプロフェッサーコースって?

ヒューマンアカデミーのロボット教室のコースは

プライマリーコース(5,6歳対象)

ベーシックコース(1年6ヶ月)(小学生対象)

ミドルコース(1年6ヶ月)

アドバンスプログラミングコース(2年間)

とあがっていくのですが、この最後のアドバンスプログラミングコースを終了した子、または中学生の子が受講できるのが

ロボティクスプロフェッサーコース

です。
千葉工業大学の未来ロボット技術研究センター(fuRo)と共同開発したコースで、教材のテキスト、授業内容などがすべてオリジナル。さまざまなロボットの仕組みや問題解決手順を勉強してロボット工学の基礎が身につけられるコースです。

例えば↓の「多脚リンクロボット」では中学3年数学の図形の相似・三平方の定理
と、中学3年生理科の摩擦と力学の考えを使ったロボット。

f:id:sztkoh-08:20180118100842p:plain

このコースを通じて

・本格的なロボット技術を学べる

・ロボット作りを通して、数学や物理を、自然に学習できる

・アルゴリズムを理解しながら、プログラミングを実践できる

という本格的な内容。物理や数学が自然と学べるというのはすごいですね。基本、中学生以上のこどもが対象のコースなので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

>>ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」