芸能人の子供の教育

堀江貴文さんのロケット打ち上げ失敗から学ぶ!こどもを成功させるための方法!!

ホリエモンこと堀江貴文さんが創業したベンチャー企業の北海道でのロケット打ち上げに失敗したそうです。ニュースで知ったのですが、民間企業が単独で開発した国内初の宇宙ロケットだったんですね!!これは是非頑張って欲しかったです。でも、打ち上げ実験後の会見動画では堀江貴文さんからかなり前向きな発言が!

堀江さん自身のツイッターでも前向きな発言。

ニュースでも「失敗!失敗!」ばかりですが、「打ち上げることはできた」「貴重なデータがとれた」など、できた事に着目されているのがとても素敵だなあと思いました。

ホリエモンロケットから学ぶ!こどもが成功するための親の心構え!

f:id:sztkoh-08:20170730221026j:plain

堀江貴文さんは色々ニュースではライブドア事件やら出馬落選やらのマイナスなものが多いですが、お金はしっかり稼いで、かなり前から宇宙ビジネス、ロケット開発に情熱をかけてらっしゃいます。民間でロケット開発ともなると、本当にさまざまな問題が出てきたと思いますが、今回の打ち上げまでもっていけたというのは本当にすごい事なのだと思います。

今回のロケットの打ち上げの結果だけみたら「失敗」かもしれませんが、打ち上げ後の堀江貴文さんの発言を聞くと、

「打ち上げ自体は成功」

「貴重なデータがとれた」

など成功面に意識を向けてますよね。このようにまず上手くいってる面に意識を向けるのって大事だなあと感じました。

これをこどもに当てはめてみると、もしこどもが失敗しても次に成功するための「貴重なデータが得られた」と考えるよう声がけしてあげるのも良いですよね。そして、堀江貴文さんみたいに色んな事にチャレンジして、失敗を繰り返しながら努力する姿勢を身に着けさせることが成功への秘訣だと感じました。

堀江さんに限らず成功している人はたくさんのチャレンジと失敗を繰り返してきています。でも、私もですが、「つい」失敗しないように先に手や口がでてしまったりしますよね。でもここは「グッ」とこらえて、まずはひと通り体験させてあげましょう。こうして経験した失敗を糧に将来こどもがどんどん成功していくはずですよ。

ホリエモン、プログラミング教育をすすめる?

堀江貴文さんといえば、ライブドア事件やら選挙出馬やらと色々な事件で有名かもしれませんが、実はかなり以前から、宇宙ビジネス、宇宙の可能性にかけてロケット開発などにも取り組んでいました。

このように宇宙に情熱をかけるホリエモンですが、それができるもの、成功してお金持ちになれているからこそ!というものがありますよね。もちろん、そこに至るまでに様々な事に挑戦されて、失敗されても頑張り続けたからだと思います。現に今回のロケット打ち上げも失敗したものの次に再挑戦とおっしゃってましたし(*^^*)

リベンジ是非頑張ってください!!

ロケット打ち上げ失敗の堀江貴文さん、自身がこどもならプログラミングを学ぶ?!

f:id:sztkoh-08:20170730221026j:plain

画像引用元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30H3A_Q7A730C1000000/

そんな、堀江貴文さんですが、以前サイバーエージェント社長の藤田さんとの対談でこのようにおっしゃってました。

今、僕も小学生だったら、たぶん(プログラミングの勉強を)やっていると思う。水泳やスノーボードの選手の中には、中学生で世界大会で優勝する子もいる。別にプログラミングでもおかしくないでしょう。早くやっているほど、色々なチャンスがある。小学生でもアプリをどんどん作っちゃえばいい。

 対談引用元 ホリエモン×藤田晋「IT界は人材不足だ」 | 就職・転職 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

このように、プログラミングの勉強をすることは小学生からも成功する可能性もでてくるし、別に小学生でなくても、今後活躍する可能性がどんどん出てくるのです。実際、堀江貴文さんもですが、スティーブ・ジョブズさんなどの成功されている方はプログラミングができる方ばかり。プログラミングをマスターするとこまでいかなくても、こどもにプログラミングの基礎的な考え方を知ってもらっておくのは今後の役に立つ可能性が十分ありそうですね。

堀江貴文さんがどんどん挑戦されていく姿をみて、もっとこどもにもチャレンジできる場を与えようと思いました!!

最後に堀江貴文さんのロケット打ち上げお疲れ様でした。次回の打ち上げと成功を応援しています(*^^*)